関東の大学・NBL・日本代表をメインに、バスケ情報を気ままに収集中

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横領問題で学連会長と理事長が引責辞任
2009/06/20/ (土) | edit |
凹むニュースの続報です。
いつ全額返済してもらえるのかも、知りたいです。。。

大学連盟の会長、理事長が引責辞任
 全日本大学バスケットボール連盟と関東大学バスケットボール連盟の元役員が、両連盟の運営費、約1億1300万円を着服していた問題で、全日本大学バスケットボール連盟の清水義明会長と平野正治理事長が20日、引責辞任した。
 同連盟は20日、臨時の全国理事会と総会を開き、2人の辞任を了承。後任に江場哲哉会長、林直樹理事長を選出した。また、財務部長や監事の任期(1期2年)を連続2期までとする▽約3カ月に1度、財務部会を開くなどして帳簿類をチェックする--といった財務規約の改定案を承認した。
 元役員は発覚後、横領した金額の一部を返済した。
[毎日新聞 2009/6/20 20:36]

[追記]
ニュース、あちこちで取りあげられていましたね。
会長の後任は江場哲哉氏(66)、理事長は林直樹氏(60)とのこと。
 →「会長、理事長が引責辞任=前財務部長の横領発覚で-全日本大学バスケ連盟」(時事通信)
 →「バスケ学連、着服問題で会長と理事長が辞任」(サンスポ)
 →「大学バスケ連盟、着服問題で会長・理事長が辞任」(読売新聞)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。