関東の大学・NBL・日本代表をメインに、バスケ情報を気ままに収集中

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JBLとbjを統合し2013年「次世代型トップリーグ」創設を目指す
2010/03/20/ (土) | edit |
bjリーグがバスケ協会の傘下となるとのこと。
バスケ協会のサイトではまだ何も発表されていませんが、
bjリーグおよびネットニュースで伝えられています。


bjリーグ、JBA登録承認決定のお知らせ
 bjリーグの財団法人日本バスケットボール協会(以下「JBA」)への、リーグの承認、チーム加盟及び選手登録の承認が決まりましたのでお知らせします。

 bjリーグでは、2008年12月以降、トップリーグ在り方検討委員会に参加するなど、bjリーグの承認、チーム、選手のJBAへの加盟及び登録に関しまして、前向きに調整協議を進めてまいりましたが、このたび3月20日に行われましたJBA理事会において承認となりました。これにより、2010年4月に向け、bjリーグの承認、チーム、選手のJBAへの加盟及び登録の手続きを進めてまいることとなります。

 bjリーグは、2005年11月の開幕以来、bjリーグ宣言を基に活動を続けてまいりました。その結果、バスケットボールのファン層の拡大、地域社会への貢献が認められ、今回の承認となりました。今後は、更なる日本バスケットボール界の発展のため、普及、振興などに、より一層努めてまいる所存です。
bjリーグ公式ブログ 2010/03/20]



bj選手を登録の方針=3年後にリーグ統合へ
 日本バスケットボール協会は20日、東京都内で理事会、評議員会を開き、傘下の男子日本リーグ(JBL)と外部組織の男子プロbjリーグを統合する「次世代型トップリーグ」創設に向け、bjリーグを傘下の団体とする手続きを進める方針を決めた。日本協会傘下の団体、登録選手となれば、bjリーグの選手も日本代表として国際大会への出場が可能となる。
 日本協会は2013年度に「次世代型トップリーグ」創設を目指す。深津泰彦副会長は「課題はあるが、3年の移行期間の間にいい方向に持っていきたい」と話した。 
 bjリーグが日本協会から分裂する形で05年11月に発足したことから、両者間には感情的な摩擦もあった。だが、男子日本代表の長期にわたる低迷などを背景に、一昨年12月から日本協会、JBL、bjリーグの幹部らが統合に向けて協議を続けてきた。
[時事通信 2010/03/20 20:16]

バスケ協会:bj登録を承認…13年度に新リーグ創設へ
 日本バスケットボール協会は20日、東京都内で理事会、評議員会を開き、傘下にはない男子プロのbjリーグ所属選手、チームについて、10年度から日本協会への登録を認めることを決めた。bj所属選手の日本代表入りに門戸が開かれることになった。05年11月に発足したbjリーグと日本協会傘下の日本リーグ(JBL)は分裂状態が続いていたが、13年度に両リーグ統合した新リーグの創設を目指している。
 bjリーグは05年にJBLを脱退したチームを含む6球団で発足。地域に根ざし、娯楽性を追求した運営を打ち出し、現在は13チームに拡大している。日本協会は当初、統合に消極的だったが、日本代表の低迷や国際連盟が日本協会にリーグ統合を求めた経緯なども踏まえ、方針を転換していた。ただし、統合には選手の契約形態、チーム名に企業名を入れるかなど課題も残されている。
[毎日新聞(井沢真) 2010/03/20 21:30]

バスケbj、日本協会登録OKへ JBLと交流戦検討
 日本バスケットボール協会は20日、東京都内で理事会、評議員会を開き、現在は傘下外のbjリーグについて、チームや選手の協会登録を認めることを決めた。これでbj所属選手の日本代表入りが可能になる。来シーズンは協会傘下の日本リーグ(JBL)チームとの交流戦や全日本総合選手権へのbjチームの出場などを検討する。
 bjリーグはプロ化を目指した一部チームが日本リーグ機構を脱退して立ち上げ、2005年に開幕した。今回の決定は、分裂しているbjとJBLを統合して13年度の発足を目指す「次世代型トップリーグ」への第一歩となる。
 しかし、企業チームからの脱却を掲げる新リーグの方針に、JBLの企業チームが難色を示している。ほかにも約11億円とされるbjの累積債務など、統合には多くの課題が残っている。
[朝日新聞 2010/03/20 22:33]

バスケ、日本リーグと「bj」統合へ第一歩
 日本バスケットボール協会は20日、都内で理事会と評議員会を開き、協会とは一線を画す外部組織のbjリーグに所属する選手の協会登録の手続きを進める方針を決めた。
 協会傘下の男子日本リーグとbjの統合を2013年をめどに目指すとする「次世代型トップリーグの創設」の答申がこの日、承認された。
 今月中に両組織が覚書をかわし、bjリーグのチーム・選手の日本協会への加盟、登録を進める。これにより、bjリーグの選手が日本代表として国際大会に出場することや、協会主催の全日本総合選手権にbjチームが出場することが可能になる。
 2005年のbjリーグ開幕以来、ほぼ断絶していた協会とbjリーグの雪解けの第一歩で、答申案では、12年までのシーズンを移行期間として両リーグのチャンピオン同士の対戦や交流戦、オールスター戦などを行って段階的な融合を目指す。
 ただ、日本リーグの企業チームが、答申で求めるチームの分社化などに難色を示したり、統合後のbjリーグ運営会社の法人格(株式会社)の取り扱いなど、今後の曲折も予想される。
[読売新聞 2010/03/20 23:43]


JBLとbjリーグの統合、3年後に実現するのでしょうか?
バスケ協会の傘下=即統合、とは、簡単にはならなそうですが……。
とにかく、一歩前進したと思います。いい形に進みますように。

*関連投稿 →「JBLとbjの統合は2013年目標」

関連記事
Comment
Comment list
がんばれ。
同じ方向を向いたのは良いことですね。ただ壁があるのは明らかで。うまくいかない理由を相手に求めないでほしいところです。まったく新しい組織を作ればいいのだから。
2010/03/22(Mon) 13:07 | URL  | 社長 #-[ edit]
>社長さん
壁はそうとう高いように思えますが。。。
いいカタチになることを願ってます!!
選手やスタッフにとっても、ファンにとっても。
2010/03/23(Tue) 21:31 | URL  | 365 #9L.cY0cg[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。